デイビット・ラブ

節見出し

デイビット・ラブは、アメリカのデュエリストであり、初登場はデュエルアカデミアに通う丸藤亮の同行者として登場。レジー・マッケンジーとデュエルアカデミアに到着した後、デュエルアカデミア主催のトーナメントに参加し、丸藤翔に勝利。 彼は後に遊城十代と鉢合わせするが、オシリスレッドのデュエリストとはデュエルしないプライドを持つため十代とは決闘しないことを決める。(オシリスレッドの生徒に勝利してもポイントが低いため)。 デイビット・ラブは英語と日本語の両方に長けているので、どちらの言語でも会話をすることが出来る。 デイヴィット・ラブは天上院吹雪のデュエルで敗北経験があり、妹の天上院明日香にワンターンキルを成功させた。 万丈目准に破れ、最後の攻撃でイヤリングが破壊され、トラゴエディアから解放されることとなる。 ジム・クロコダイル・クックとは、後にアメリカでデイビット・ラブとライバルだったことが明らかになる。

節見出し

ここに2番目の節を書く。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。